JA自己改革の取り組み

創造的自己改革への挑戦

政府主導による「農協改革」が決定され、平成28 年4 月にJAの基本法である農協法が改正施行されました。

当JAでは、農業者と農業の本来あるべき姿を実現するための「農家組合員の所得増大」と「農業生産の拡大」に取り組み、農業者と農業を応援していただく皆さまとの絆を深める架け橋となり、地域社会に貢献するJAを目指して、次の基本目標を掲げ改革に取り組みます。

基本目標
  1. 農家組合員の所得増大・農業生産の拡大
  2. 総合事業による地域の活性化とくらしの支援
  3. 自己改革を支えるJA組織・経営基盤の確立

1. 農家組合員の所得増大・農業生産の拡大

中心となる担い手の育成・支援

  1. 担い手のニーズに応える個別提案活動の拡大
  2. 訪問活動による営農相談・支援の充実
  3. 関係機関との連携による新規就農者の育成・支援

地域にあった需要作物の生産拡大

  1. 直売所出荷会員の拡大と育成
  2. 複合経営の推進による園芸戦略品目 の生産振興
  3. 学校給食への地場産野菜の生産拡大と安定提供
  4. JAブランド商品「湖都シリーズ」づくりを目指した生産の拡大
※園芸戦略品目:キャベツ、玉ねぎ、じゃがいも、人参、ブロッコリー
(5品目)

農作業受託支援と生産資材コスト低減

  1. 農家組合員のニーズに応える農作業受託支援
  2. 予約引取奨励の拡大による生産資材コストの低減
  3. 生産資材への助成支援

行政等と連携した遊休農地の解消と活用

  1. 遊休農地を活用した青空健康農園の拡大
  2. 遊休農地での農業体験機会の提案

直売所を核とした地産地消の取り組み強化

  1. 利用者ニーズの把握と出荷者との情報共有
  2. 利用者と農家組合員の各種交流をめざしたイベントの実施

2. 総合事業による地域の活性化とくらしの支援

農家組合員や地域に向けての情報提供

  1. 多様な広報手段による農業・JAに関する情報提供
  2. 地域特性を活かした支店だよりの発行

地域社会の一員としての活動の充実

  1. 子ども・高齢者の見守り活動への参加による地域貢献
  2. 助けあい・生活文化活動の充実

食農教育(農業体験等)の拡充

  1. 学校・地域への出前講座の実施
  2. 農家民宿、農業体験ツアー、婚活パーティーの企画実施

3. 自己改革を支えるJA組織・経営基盤の確立

自己改革実践体制の整備

  1. 改正農協法を見据えた役員体制の整備
  2. 公認会計士監査への対応
  3. 競争力強化に向けてのJA間連携の検討
  4. 専門的指導員の配置等による営農指導体制の確立

担い手等のJA運営への意思反映と積極的な参加・参画の促進

  1. 担い手や正准組合員へのアンケート実施
  2. 支店運営委員会、地区別懇談会等の定期的開催
  3. 「食」と「農」を軸とした1支店1協同活動の実践

お問い合わせ先

JA改革推進室
077-525-4315
FAX
077-525-4362