トピックス

topics

8月のトピックス

大津市の獣害対策研修会
「サルどこネット」で情報共有に取り組む

8月1日(木)

 栗原会議所で、獣害対策研修会が行われました。

 毎年、猿やイノシシなどによる農作物への被害が問題になっていますが、動物たちも学習するため対策を怠ると農地が餌場になってしまい、行動パターンの把握や「慣れ」を作らないようにすることが必要。

 そこで今回の研修では、サルの位置調査を中心に、現状を把握して情報提供を行いながら解決策を見つけていくネットサービス「サルどこネット」で情報共有を行う新たな取り組みが紹介され、少しでも被害が抑えられるようにと話し合われました。

農林水産省が視察
ドローンでいもち病・カメムシ防除

8月2日(金)


ドローンを用いたいもち病・カメムシ防除の様子を、農林水産省が視察されました。

 上田上地区のほ場40ヘクタールで早朝から行ったドローンでのいもち病・カメムシ防除を、農林水産省の職員5人が視察。

 JA職員がドローンで防除を実施することは全国でも少なく、防除だけでなく除草・播種など様々な面で年間を通じてフル稼働している状況を田中センター長が説明し、同省職員は、「他府県にも事例として紹介したい」と話されていました。

支店協同活動
地元の納涼祭の設営応援

8月2日(金)


JA職員がふるさと田上納涼祭の前日、会場の設営に協力させていただきました。

 第32回ふるさと田上納涼祭が田上公園グラウンドで開かれ、田上中学校のブラスバンドや田上太鼓などの演奏をはじめ、模擬店が並び、多くの地元住民で賑わいました。

 納涼祭は、地元住民によって運営し開催されています。東大津支店の職員はこの前日、田上学区自治連合会と連携しながら、ステージやテントなどの設営に協力しました。

支店協同活動
地元の夏祭りで特産品PR

8月3日(土)


和邇市民グラウンドで開かれた「ふれあい志賀夏まつり」名物の比良すいか試食販売。

 和邇市民グラウンドで開かれた「ふれあい志賀夏まつり2019」に参加し、子どもを対象にしたスーパーボールすくいを出店。2時間あまりの間に100人を超える多くの子らが次々と挑戦しました。

 また、同まつりの名物となっている比良すいかの試食販売をし、自ら販売を担った3人の生産者は「自慢のすいかを買い求めてもらえて嬉しい」と笑顔を見せておられました。

支店協同活動
祭りで地元民・組合員とふれあい

8月3日(土)


「湖族まつり」で支店職員が綿菓子を販売。

 第36回堅田湖族まつりが開かれ、堅田中央支店の職員が参加して綿菓子を販売し、購入者には当JAブランドの湖都ドレッシング「たまねぎ」をデザインしたうちわを手渡しました。

 湖都ドレッシングは、当JAが作る特産加工品「湖都シリーズ」の一つで、隠し味に大津の伝統野菜である近江かぶらを使った人気商品。豆腐にかけたり、じゃぶしゃぶのタレにしたりと、ドレッシング以外の用途でも高評価です。

和歌山の県農・JAから視察研修
山間部や果樹でのドローン活用を希望

8月6日(火)


和歌山県からJA和歌山県農・JA職員がドローンの視察研修に来訪されました。

 ドローンが未導入の和歌山県からJA和歌山県農とJA職員の計17人が視察研修に来訪。

 和歌山は山間部の水田が多く、無人ヘリコプターでの防除が不可能であることから、ドローン防除を希望。また、みかんなどの果樹が多く、ドローン利用の実践的な質問もあり、田中センター長がテストフライを交えて回答しました。

年に一度の体の点検、JAドック健診
事後指導でしっかり健康管理

8月6日(火)


堅田中央支店で行われたJAドック健診の様子。

 JAドック健診が今年も4か所(6月18日=瀬田支店19人、7月30日=堅田中央38人、8月6日=志賀カントリー27人、9月5日=南大津支店16人予定)で行われました。

 毎年受診し健康管理をされている方、これまで他でも受診していないため一度は受診してみようと申込まれた方など様々。特に暑さが厳しい夏でしたが、日頃の健康の状況や悩みを相談していただいたりしながら受診していただきました。
 しかし、「受診しっ放し」ではいけません。JAドック健診では、その結果も「事後指導」という形でご案内しています。健診結果を確認しながら、JA厚生連の保健師から個別に今後の健康指導をしていただくことができます。

 また、骨密度の測定や物忘れ相談プログラムなども実施。JAドック健診を受診いただいた方は、ぜひ事後指導にもお越しください!

園児らの笑顔が楽しみと生産者
保育園のおやつに「おいしい」比良すいか

8月7日(水)


「おいし~い!」と笑顔で比良すいかを頬張る園児たち。この笑顔が生産者の励みです。

 比良すいか生産組合(伊藤久司組合長)が市内14の保育園に比良すいかを納品されました。大きいものでは1玉10kg近くあり、合計31玉239.6kgでした。
 生産組合は「地元の園児にたくさん食べてほしい」と、2012年から納品されています。

 市立天神山保育園ではこの日、一人では持ち上げられない立派なすいかに驚いた園児たちが記念撮影をしたり、「甘くておいしい」と笑顔を見せたりし、その様子に伊藤組合長は「園児においしいと食べてもらうことが、生産の意欲につながっている」と喜ばれていました。

収量増加を期待
ドローンで大豆の葉面肥料を散布

8月19日(月)


ドローンで大豆の葉面肥料「ハーモザイム」の散布を試みました。

 大津市関津の大豆ほ場1.2haで、葉面肥料「ハーモザイム」の散布をドローンで実施しました。

 ハーモザイムは植物抽出液が主成分の葉面散布用肥料で、植物由来の成分が作物に活力を与え、健全な開花や結実、果実の肥大を促し、収量の増加に効果があります。
 大津市産の大豆は、滋賀県の平均収量より少ないことが多く、ドローンで空中から散布することで肥料が等しく行き渡り、収量の増加につながることが期待されます。

 当JAは昨年度からドローンを導入して積極的に農作業に活用し、水稲や麦・大豆などの病害虫防除薬剤の散布のみならず、年間を通じてドローンの有効活用を模索。水稲直播技術「べんモリ」や畦畔雑草抑制剤のグラスショート液剤散布など、今回の葉面散布以外にも全国に先駆けた試みも行っています。

 オペレータをつとめた当JA南営農経済センターの田中センター長は、「ドローンを使うことで、作業の省力化を図るとともに、品質の良い大豆が実り収量の増加も見込むことができれば、生産者にとってもJAにとってもこんなに嬉しいことはない。これからも生産者の力になっていきたい」としている。