トピックス

topics

12月のトピックス

年末贈答品の詰め合わせ
特産品の味を守り引き継ぐ

12月1日(火)、22日(火)


大津特産贈答品セットの詰め合わせを行いました。

 大津特産づくり実行委員会の年末贈答品の詰め合わせを、2日に分けて実施。今年は農業まつりが中止となり販売できず、詰め合わせも新型コロナウイルス対策を講じながら密を避けて行いました。
 新型コロナウイルス拡大の影響で受注の減少も心配されましたが、ほぼ例年並みとなり、メンバーも安堵されていました。
 中には「昨年おいしくて気に入ったので」と数を増やしていただいた方も。各グループの味を守る活動の大切さを再確認しました。

第5期第3回女性大学
見るたび楽しいカレンダーに

12月4日(金)


1年間見るのが楽しいスクラップブッキングカレンダー作り。

 今年度第3回の女性大学は、スクラップブッキングカレンダー作り。

 スクラップブッキングとは、写真を切ったり可愛くデコレーションしたりしてレイアウトするクラフトのこと。持参の写真と台紙を選び、中島未知子先生からコツなどを教わってスタートしました。
 中島先生は、いつでも読み返して幸せな気持ちになれるアルバム作りを応援する会社「クリエイティブメモリーズ」公認のアルバムアドバイザー。

 受講者は、旅行の写真やアゲハチョウのさなぎ~羽化の瞬間など思い出の写真をレイアウトし、バランスを整えながら黙々と製作されていました。
 互いの写真を見て盛り上がる場面や、「スマホに保存したままにしているだけじゃなく、写真として残すのもいいね」と、写真の良さに改めて気づかされた皆さんでした。

愛の米ひとにぎり運動で施設を支援
長年続けている慈善活動

11月13日(金)


社協を通じて、女性部の皆さまから寄付いただいた新米などを子どもの支援施設へ贈呈。

 当JA女性部の部員の皆さまから集められた新米173kgなどを、今年も「愛の米ひとにぎり運動」として、大津市社会福祉協議会を通じて市内の子ども食堂や子どもの支援施設へ贈呈しました。

 「女性部活動も今年度はコロナ禍でほとんどストップした中、例年を10 kg程上回るお米を寄付いただきました」と北村益子部長。皆さまのご協力ありがとうございました。

瀬田支店起工式
安全祈願祭を行い、いよいよ新築工事開始

12月15日(火)


令和3年10月の竣工に向けて新築工事がはじまる瀬田支店。起工式で安全祈願祭などを行いました。

 来年10月の竣工をめざして、瀬田支店の新築工事を前にこの日、起工式を行いました。
 若宮神社の宮司が祭事を執り行い、船橋克典経営管理委員会長や地元の経営管理委員を中心に構成された建設委員8人をはじめ、井上和又理事長ら理事4人と本店管理部の部課長や職員、瀬田支店支店長らが参列しました。

 新築工事中は仮店舗での営業となり、利用者の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、当JA管内で最も多い組合員数と規模を誇る瀬田支店が、耐震やセキュリティーを強化し、安全・安心とともに信頼され地域社会に貢献するJAとして期待を担う店舗へと生まれ変わるその日まで、今しばらくお待ちいただきますようご協力をお願いいたします。